反響をだすポスティング【学習塾編】

2018/12/22

こんにちは。

横浜集客サービスの宮園です。

12月になり、寒くなりましたね。
受験生の方々は受験に向けてのラストスパートにかかっていると思います。
風邪などには十分にお気を付けください。

さて、受験生にはか欠かせないものとなっている学習塾。

今日はこの学習塾の効果的なポスティングについて、説明いたします。

学習塾の宣伝を考えている方、ポスティングのお仕事をしている方にとって役立てる内容だとうれしいです。

~学習塾や英会話教室のポスティングの現状~

学習塾や英会話教室は地域密着業種であり、非常にポスティングによる集客効果が見込めます。

一般的に塾の宣伝方法として、新聞折り込みが考えられますが、ポスティングはより反響が出やすい方法になります。また、紙媒体の広告がWebよりも効果的な方法になります。

以下に理由を書きます。




1:ターゲットは親御さん。

学習塾に参加するのはお子様ですが、自ら学習塾の検討し申し込みするケースは少ないです。

では誰が学習塾の選別するのか。

、、、親ですよね。


小学生の親の世代ですと20代から40代にあたります。ここに宣伝がリーチしないとまずい訳です。

なぜ、新聞折り込みがまずいのか。

それは、20代から40代の親世代は新聞の購読率は非常に低いからです。

つまり伝えるべきターゲット(20代から40代の親御さん)にチラシが届いてないのです。

ですから、一戸一戸のポストにチラシを入れる『ポスティング』という手法が新聞折り込みに比べて、とても効果的なんです。

2:チラシのデザインには写真が重要。

「安心と信頼」をターゲット層に得て貰うという目的にはポスティングは写真を前面にだせるので効果的です。

チラシを手にとって

「どんな教室の雰囲気なのか?」「どのような講師なのか?」などなど。

教室や講師の写真、わかりやすいキャッチコピーを大きく取り入れることでターゲットの気持ちを掴んでいきます。

3:魅力的なチラシで家庭内で大きく拡散

塾のチラシは家庭の中で早く情報が拡散されます。

それは親御さんとお子様との共通項をもつ話題だからです。

さらに、ホームページやSNSやテレビCMと大きく違う点は「チラシは形に残る」のです!

家庭の中で保存をされるようにするには「入会金無料」や「体験教室」や「分かりやすい指導」など魅力的なキャッチコピーを盛り込むことも重要です。

4:反響率の高い時間はズバリ○○!

反響率が高い時間帯、ズバリ書きますとそれは

、、、、

週初めの午前中です。

なぜこの時間帯なのか。


それは、夫婦の就業形態がバラバラになってしまってることから、お子様や家族とじっくり塾の選別をして話すことが出来る時間をなるたけ作らせたいと考えると、月曜日午前中という事になります。

~さいごに~

いかがでしたしょうか。

いままで新聞折り込みが普通だった塾の宣伝広告をポスティングに変えてみたらどうでしょう。

広告の中身やデザイン、ポスティングする時間帯に配慮することでより高い反響率を得られるかと思います。

横浜集客サービスでは塾以外でも、様々な業種のポスティングの相談を受け付けております。
お気軽に連絡してきてください。

最後までお付き合いありがとうございました。

メールでのお問い合わせは24時間受付中

サイトメニュー

お問い合わせ・お見積り

お気軽にご連絡ください!

tel.045-534-8530/080-6793-5135

お問い合わせ・お見積り

受付時間
12:00~19:00
定休日
土・日・祝
メールでのお問い合わせは24時間受付中

会社概要詳しく見る

株式会社 横浜集客サービス 〒221-0056
神奈川県横浜市神奈川区金港町5-15