変わった名前の飲み物が自販機に。

2018/11/30

こんにちは。

横浜集客サービスの中の者です。

先日、横浜駅近くの自販機に変わった名前の水のペットボトルがありました。
その名前が
『第7回アフリカ開発会議横浜開催』と書かれてありました。

いったい何故この名前なのかとちょっとスマホで調べてみました。
すると来年横浜市で第7回アフリカ開発会議が開催されるので、そのアピールとして飲料水が出来上がったというわけであります。

さて、アフリカ開発会議とは一体何ぞやと思われた方も少なくないと思います。

アフリカ開発会議(以下TICAD)とは国連と国連開発計画とアフリカ連合委員会と世界銀行と共同で行ない、日本政府が主体としてアフリカの開発について話し合う国際会議です。

ちなみに第5回アフリカ開発会議(2013年横浜開催)では世界各国の首脳クラスの方々が参加をし、約4,500名以上がこの横浜に来られました。日本が主催する国際会議では最大規模みたいです。

そして、このTICADをアピールをするために横浜市の水源を使った飲料水『はまっ子どうしThe Water』に第7回アフリカ開発会議限定のデザインを施し発売されました。

また、この飲料水を購入すると売上金の一部が独立行政法人国際協力機構(JICA)へアフリカ支援を目的に寄付されます。


個人的な感想だとラベルのデザイン、とてもカラフルで様々な模様が描かれていてかわいいですね!
もちろんこのデザインにも意味がございまして、
横浜の市の花バラ、海の波、植物の緑、里山の山、赤土の大地、太陽、手をつなぎあう人を
アフリカにいる民族みたいな幾何学的模様でイメージされたとのことです。

こうして調べると、アフリカ開発会議を横浜市民にどうやって効果的にアピールするか、
アフリカと横浜を結びつける方法や世界各国から来た方々にどうやって横浜の宣伝していくかとか、
なおかつアフリカの支援につなげていくか、そういった考えから生み出されたのだなぁと感じました。

上記のようなPR方法はポスティングにも活かせるのではないのかと思いました。
知らない人が興味を持って疑問を持って事柄に気になっていく段階に持っていけるようなお仕事に取り組みたいです。
…とまさかペットボトルの水1本でここまで深く考えるとは思えませんでした。

ちなみもしTICAに参加された人に遭遇する機会があったら、横浜の美味しいシュウマイやお菓子を渡して祖国に持って帰ってい美味しく食べて貰いたいですなぁ(笑)
美味しい物って世界共通で幸せな気分になれる要素だと思うので(*^^*)

画像はT.Aさんからです。ありがとうございます。

メールでのお問い合わせは24時間受付中

サイトメニュー

お問い合わせ・お見積り

お気軽にご連絡ください!

tel.045-534-8530/080-6793-5135

お問い合わせ・お見積り

受付時間
12:00~19:00
定休日
土・日・祝
メールでのお問い合わせは24時間受付中

会社概要詳しく見る

株式会社 横浜集客サービス 〒221-0056
神奈川県横浜市神奈川区金港町5-15